車窓から眺めると。

好きなこと書こうと思うけど、たぶんほぼ日記になりそう。

人身事故でのやむを得ず選択した迂回が、かなり面白かった。

今日はいつも使う電車が人身事故の影響で、運転取り止めになったので、、

来た道を戻ったり、いろいろしているうちに、

高速バス、というルートを発見。

しかも予約不要で自由席、定員内ならすぐ乗れる。

他にもド定番の迂回ルートはあったけど、もうあまり徒歩であいだを繋ぐのって、、

帰り道出し十分疲れたなあと思ったから、そちらの選択は最初から視野になし。


駅から駅を結ぶものではなく、駅から離れた住宅地を回っていくルートなので、

駅近住まいのため、ドンドン遠ざかるなあと思い、途中わかりやすい大通りで降りることに。

バス停近くのコンビニで、いくつか小さなおかずを買い、ちょうどやってきた路線バスにうまいこと乗り換えもできた。


ジャストサイズな代替ルートではないけど、

ぎりぎりここまでならOKだなーと。

なんとか使える!3番手くらいの選択肢が見つかったよねー、と思うといいかな。


いつも地下鉄で駆け抜けてくことが多い都心の、夜の灯りに満ちた風景をバスからのんびり見られたのはなかなか楽しい経験。

いつもの通勤が通勤じゃなくなる。


よっしゃ、これから行くぞーー!ってな感じの屋形船が走ってく川かな?水路かな?にかかる橋のライトアップや、

遠くに見える観覧車、これもライトアップされてる。

贅沢なテーマパークのアトラクションみたいな気もしたのであります。


とはいえ、時間、曜日、ルートを問わず、

人身事故はもはや当たり前になってしまいましたね、、、

以前は、それこそイレギュラー中のイレギュラーだった筈、、うーむー。